避妊ピルの安全性と安心感

何か考えている様子の女性
多くの女性は避妊ピルが危険なものだと思っている人もいるでしょう。もちろん本来のメカニズムを変化させて、避妊できるよう働きかけるので身体に負担はかかります。

しかし正しい方法で利用することで、安全に避妊をおこなえるのです。

またこれまでは避妊に失敗したら、生理がくることを祈って待つしか出来なかったという女性もいるはずです。

もしそうなった時に緊急用の避妊ピル(アフターピル)を持っていれば、避妊成功率を高めることができます。

何も出来ない時に比べて、妊娠に至らないようにできることがあるのは、それだけでも安心感につながるといえるでしょう。

避妊ピルの安全性はどのように活かすことができるのか、そして利用するだけで安心感を得ることができるのか紹介します。

避妊ピルの飲み方を知っておくこと

まずピルを安全に利用するには、飲み方を守りましょう。本来、避妊ピルを購入するためには処方箋が必要です。

そして緊急用の避妊ピルつまりアフターピルは、病院によって医師の前で飲むことを促される場合もあるのです。その理由のひとつとして、過剰服用を防ぐ為でもあるといえるでしょう。

女性ホルモンに良く似た働きをする成分が配合されているので、避妊ピルを服用することで体内のホルモンバランスにも変化が起こります。

なかには副作用の嘔吐によって、薬の成分が吸収される前に吐き出して効果を十分に得られない方もいるのです。

服用後すぐに吐き出してしまうことが無いか確認するため、同時に吐き出した場合はすぐに対処することができるように、医師の前で服用することもあるでしょう。

もちろんその時の服用分だけ処方されて、自分自身で服用する場合もあるのでいざという時のためにピルの正しい飲み方の知識を持っておくことが大切です。

自宅で避妊ピルを服用する場合

最も大切なことは、セックス後72時間以内の服用です。この制限時間は、自宅での服用でも病院での服用でも関係ありません。

緊急用の避妊ピル自体が、着床する前でないと効果を発揮することはできないのです。
つまり制限時間が72時間でも、受精・着床が早い段階で起こってしまう可能性はあります。

そのため避妊失敗に気付いた時点で、なるべく早く避妊ピルを服用することがオススメです。

それは避妊の成功率にも影響していて、24時間以内の服用によって約95%、72時間以内の服用だと約75%といわれています。

避妊ピルにも種類があり、1錠飲むだけで良いノルレボ錠と1錠ずつを2回飲むプラノバール錠があります。

自分自身が利用する避妊ピルがどちらのタイプであるか、事前に確認したうえで正しく利用しましょう。

テーブルに置かれている時計とスマホ

服用後の副作用で嘔吐してしまった場合、飲み直しが必要かどうか経過時間を確認する必要があります。

3時間以内に嘔吐した場合には、すぐにもう1度飲み直しをおこないましょう。このとき、2度目の嘔吐をしたら、その後は自己判断で再度服用することは止めてください。

薬の成分が身体に合っていない可能性があるので、病院を受診することをおすすめします。

3時間が経過してから嘔吐した場合は、薬の成分は体内に吸収されているので飲み直す必要はありません。服用後、生理がくるまでセックスすることは避けてください。

避妊ピル服用時の注意点

服用の際には、他の医薬品と同じように水またはぬるま湯で服用してください。併用禁止のお薬や相性があまりよくない食品、成分等もあるので注意する必要もあります。

特にグレープフルーツは相性が悪く、副作用を強めてしまう可能性が高いことが分かっているので避けましょう。

またバストアップサプリなどの女性ホルモン配合、もしくは大豆イソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きをする成分が配合されている製品も避妊ピルの作用を強めて、酷い副作用を引き起こす原因になりかねません。

このとき「作用を強める」ことは「効果が高まる」と勘違いを起こす方もいますが、避妊ピルには十分な避妊効果が得られる成分量が配合されています。

そんななか同じような働きをする成分がさらに体内に増えると、身体の負担が大きくなって副作用が強くなるだけといえます。

わざわざ副作用を強めてしまうことを避けるためにも規定内の量を、何らかの影響を起こす心配のない水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。

何もしない不安を避妊ピルが解消してくれる

たくさんのシロツメクサ
避妊ピルを服用することで、セックスの後でも避妊成功率を高めることができます。
しかし今の日本人女性は避妊ピルについてあまり知らない、買うのが難しいと思っている方もいるのです。

また病院でしか買えないと思い、なかなか勇気が出ないまたは時間がとれない、なんて方もいます。
その女性は、避妊失敗に気付いた時から生理がくることを祈って、仕事や家事をこなすしかないのです。

そんな不安を抱えたままでは、そのストレスによって生理が遅れたり体調を崩してしまう方もいるでしょう。

もし避妊ピルを知っていてすぐに服用すると、避妊が成功する確率は高くなるので何もしない時に比べると安心感を得ることができます。

そして服用後3日~3週間程度の間に強制的に生理が引き起こされて、不安な日々を送らずに済むのです。

そんな避妊ピルは、いま海外医薬品を取り扱っている通販サイトでも購入できます。

ピルの安全性と安心感は女性に必要不可欠!

いくら普段から避妊に気をつけていても、想定外のことはいつ起こってもおかしくありません。

酔った勢いでゴムも付けずにしてしまった、コンドームをしたけどはずれていた、破れていた、レイプされた、というように状況はさまざまです。

なかには断り切れずに、そのまましたという女性もいるでしょう。まず、なんとなくでコンドームをしないまますることはやめる必要があります。

そのうえで避妊に失敗してしまったときに、避妊ピルは高い効果を発揮してくれるのです。万が一望んでいない妊娠をしてしまうと、その後の人生にも大きな影響を及ぼします。

それを避けるためにも、ピルを緊急時に備えておきましょう。避妊ピルは病院でも処方される種類もあれば正しい方法で飲むことで、高い安全性もあるのです。

望まない妊娠をして困るのは、女性です。いつ起こるかも分からない、避妊に失敗したときのためにも避妊ピルを持っておけば、妊娠を避ける最終手段となってくれる安心感を得られるでしょう。

避妊ピルは初潮を迎えた、女性にとって必要不可欠なものだといえます。

PAGE TOP