生理を引き起こすアフターピルの成功と失敗

アフターピルで分かる避妊成功と失敗
女性なら、これまで性交渉をしたことがある人は終わった後に「このままだと妊娠してしまうかもしれない」などの不安を抱えたこともあるのではないでしょうか。また、周囲の人から「子どもを作るつもりじゃなかったけど、妊娠してしまった」や「どうしても産めないから中絶も考えている」などの話や噂を聞いたりしたこともあるでしょう。

妊娠せずに済んだと分かる、生理がくるまで不安な日々を過ごしたり、妊娠が分かって心身にとても大きな負担を与えてしまう中絶なんてこともしたくないと女性の皆さんは思うはずです。
そうなってしまわない為に、避妊に失敗してしまったと思ったらアフターピルを飲むようにしましょう。
そのアフターピルが生理を引き起こしてくれることで避妊できるので、自分を守ることにもつながります。

服用後の生理は成功の証と失敗している可能性のどちらもあり得る

アフターピルを飲んだ後に引き起こされる生理は、体内のメカニズムによって起こる自然の生理とは区別を付けて「不正出血」とも呼ばれます。そして、その不正出血には消退出血・着床出血・排卵出血が含まれています。

このなかで、妊娠を防いだ成功の証といえるのは消退出血だけなのです。それ以外の2つの出血は妊娠もしくはまだ失敗する可能性があるという意味を含んだ出血です。それはどういうことなのか、その意味を知りましょう。

アフターピルを飲んだ後の生理のタイミングで意味が変わる

カレンダーと生理用品
服用後に起こる出血は全てが避妊成功を意味しているわけでは無いということが分かってきました。そして、その生理が起こるタイミングによって、消退出血・着床出血・排卵出血のどの出血を指しているかが分かります。

それでは避妊成功を示す、消退出血や他の不正出血はアフターピルを飲んだ後のどんなタイミングで起こるのか、みてみましょう。

3日~3週間以内に生理がくる

この場合は消退出血で、避妊が成功したことがわかります。これはアフターピルによって多量の黄体ホルモンが増えて、急激に体内へ吸収されます。そして、薬の効き目が切れるとともに黄体ホルモンの分泌終了に似た働きが起きます。

その結果、子宮内膜が急激に成熟を起こしながらも黄体ホルモンの分泌終了で、受精卵の着床が無かったと判断されるので子宮内膜が剥がれ落ちます。その子宮内膜が剥がれ落ちたものが、消退出血となって体外へ排出されるのです。この働きによって、妊娠を防ぐことができます。

出血量に関しては、排卵日を終えたばかりであれば通常よりも少ないので、おりもの程度の出血量の場合もあります。排卵日からしばらく経った後であれば通常の生理と同じぐらいの期間か短めの期間で終わる場合もあります。

すぐ~3日も経たないうちに生理がくる

出血の様子

アフターピルの吸収が終わると、3日程の時間をかけて生理が引き起こされます。そのため3日以内に起こるのは、消退出血以外の可能性が考えられます。

それは排卵出血や着床出血、その前の性交渉による妊娠や子宮外妊娠、そのほか婦人科系の病気の症状などの可能性もあります。排卵出血や着床出血の場合は、その時だけだったり1日程度で終わるような少量の場合もありますが、他の症状が原因にある可能性を含めても、通常の生理同様に1週間前後続く場合もあります。

あまりに出血量が多いなどはもちろん、こうしたアフターピル服用後の早すぎる出血など気になることがある場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

3週間が経過しても生理がこない

本来妊娠を防ぐことができた場合、アフターピルを飲み3日~3週間が経過するまでの間に出血が起こります。もしくは、その間の生理予定日の前後には出血が起こります。その出血が無いとなると、妊娠をしている可能性が考えられるのでなるべく早めに妊娠検査薬などで検査を行うことをお勧めします。

性交渉から3週間が過ぎたのであれば、妊娠検査薬での妊娠の有無はハッキリと分かります。なかには基礎体温で様子を見る人もいますが、アフターピル服用後はホルモンバランスの変化によって体温が高めになることもあります。その為、アフターピルを飲んだ後では基礎体温で妊娠の有無の判断することは難しくなります。
妊娠検査薬もしくは産婦人科を受診して、正確な妊娠結果を得るようにしましょう。

女性が自分を守るためのアフターピル

自分を守ろうと体を抱え込む女性
性交渉後、避妊失敗したときに唯一出来る避妊方法として知られるアフターピルは、人工的に生理を引き起こすことで受精卵の着床を防いでくれます。
アフターピルを飲んだ後の生理には、これだけの意味が含まれていたのです。こうして分かるように、アフターピルでも避妊失敗率はゼロではありません。

しかし、性交渉後72時間以内にアフターピルを飲めば、避妊する為の働きをしてくれることに変わりはありません。それはつまり、望まない妊娠をしてしまって“中絶”などという心にも体にも大きな負担をかけて傷をつけてしまうことを未然に防げます。
アフターピルは避妊効果を持つことから、女性が自分を守ることにつながるのです。その働きと体にもたらす影響を知り、アフターピルを正しく使用することが大切です。

PAGE TOP