個人輸入代行通販だとアフターピルを事前に持っておける

腕時計で時間を確認している女性
普通の薬なら、ドラッグストアなどで簡単に買うことができます。しかし、アフターピルは日本では病院の処方によって買うことしか認められていません。

しかし、最近では個人輸入代行通販の方法で買うことが出来るようになりました。ただ、偽物の販売をしている通販サイトもあるので注意が必要でもあります。

また海外では、ピルでの避妊は当たり前となっていて簡単に薬局などで買うことも出来ます。それなのにも関わらず、日本で認められていないのは一体なぜなのでしょうか。

市販で買えないアフターピル

海外のように薬局などで、市販薬としてアフターピルを買えないことには日本での固執した考えも影響しているようです。それは「ピル」と聞いて、避妊とイメージすることに間違いは無いですが、なんとなく遊んでいると決めつけられる感覚もあります。

また、日本と海外の性教育の差についても関係しているようです。海外では、男女ともにピルを含めた避妊方法を学ぶのです。

確かに、日本でも保健体育の一環としてコンドームのことなどは学びますが、ピルのことを授業ではほとんど聞いたことがありません。その為、間違ったピルに対する情報があふれてしまっているのです。

そして、ピルを市販してしまうことで日本人女性の性に対する倫理観が低くなってしまうという懸念もあります。

日本では正しいピルの情報を知っている女性が少ないことと、性に対する倫理観が低下する恐れ、さらに海外とは違ってピルの需要が少ないので現在の日本でピルの市販はされないのです。

病院では1回分しかもらえない

手のひらに1錠の薬がある
アフターピルには、女性のホルモンバランスを乱す働きがあります。その働きによって、避妊効果を得られます。しかし、避妊は治療の対象ではないので、保険適用外となります。

病院からもらう処方薬には、担当医師から使用許可が下りた薬という意味をもっています。その為、何かあった場合には担当医師の責任が問われることになるのです。

もし多めに処方して1錠の服用で良いにも関わらず、患者さんが自分の判断で勝手に2錠飲んだ。そして体に異常をきたした、と言うことになれば薬を処方した担当医師の責任に影響してしまいます。

一般的な風邪などでも、症状を診た上で治療期間を対象に3日~5日間程度で、必要な回数分の薬の処方がされます。これらのことから、1度の避妊に必要な1回の服用分だけの処方しかされないのです。

通販で慌てて買っても間に合わない!?

個人輸入代行通販であれば、ジェネリック医薬品が取り扱われているので病院に比べてとても安く買うことができます。アフターピルの値段が、種類によっては1/10程度になるものまであります。

しかし「輸入」とある以上、注文後に海外から発送されて税関を通って、配達されます。その為、早くても5日遅い場合だと2週間近くの日数が商品到着までかかると考えておきましょう。

アフターピルは性行為後72時間が経過する前に飲む必要があるので、このことから考えても必要になってから慌てて通販で注文したところで、時間には間に合いません。

72時間が過ぎた場合でも、妊娠を防ぐ効果がゼロになる訳ではありませんが、その効果は半減してしまいます。
安くアフターピルを買うことが出来たといっても、高い効果が得られるような必要な時に手元に無いことには意味がありません。

病院では、すぐに買えるけど高額な費用がかかってしまう。そして通販では、値段は安いが届くまでに日数がかかってしまう。
一体どうすればいいのでしょうか。

事前に個人輸入代行通販でアフターピルを買うことがお勧め

スマホを持っている女性
通販では、いつでも好きな時に欲しい量のアフターピルを買うことができるので、必要となる前に注文をしてくことがお勧めです。病院では価格が高い上に、避妊に失敗したことが分かった後にのみアフターピルは処方してもらうことができます。

しかし、その場合は72時間以内に病院へ行って処方してもらわなければいけません。アフターピルを処方してもらう為に、仕事や予定を調整したりしなければいけないという手間がかかります。

個人輸入代行通販でアフターピルを買っておくことで、そんな手間も服用の制限時間に遅れてしまうという心配もありません。そうすれば、24時間以内の服用もできるので、アフターピルが持つ高い避妊効果を最大限に得ることもできます。

事前に買って、持っておくことで避妊の失敗に気付いた時やあってはならない強姦やレイプに遭った時すぐに対処することができます。

ただ、アフターピルを飲んだ後は副作用などで、体調を崩す可能性もあります。直後~翌日にかけて、体調を崩しても休養がとれるようにしておくと自分自身の為にもなるでしょう。

もちろん、性行為後なるべく早くアフターピルを飲んだ方が良いことに変わりは無いので、その後の休養を最優先にせず、まず飲んだ上でその後の体調を見ながら休養をとる必要があるのかどうか体調に注意しましょう。

≫≫関連記事≫≫通販でアフターピルを買う、落とし穴に要注意!

PAGE TOP