アフターピルがホルモンバランスを崩せるからこそ避妊に役立つ 

なぜアフターピルは避妊ができるよう働きかけてくれる薬なのか、気になったことはありませんか。それには、ホルモンバランスを崩す働きがあることが大きく関係しています。

最近、主流となっているアフターピルはノルレボ錠と呼ばれるもので、レボノルゲストレルが有効成分として含まれています。この成分が、私たちの体内にある黄体ホルモン(プロゲステロン)に良く似た働きをしてくれるのです。

その結果、体内では急激に黄体ホルモンの分泌が増えたと判断されるので保たれていたホルモンバランスが、崩れることにもつながります。
これによって一時的に妊娠したと錯覚を起こすので、他の妊娠をしない働きが体内で起こります。

生理周期が正常=ホルモンバランスが良い証拠

人差し指の上にやじろべえ
妊娠や避妊をする上で、気をつけたいのが生理周期ですよね。これは、2つの女性ホルモンのバランスによって周期が決まります。

まず1つは、エストロゲンと呼ばれるホルモンが分泌されることで排卵を促したり、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くする働きが起こります。

そして、もうひとつはプロゲステロンと呼ばれていて、体内で分泌されることで作られた子宮内膜の厚みを保ったり栄養素を蓄えやすくして妊娠の継続をスムーズにできるような働きが起こります。

こうした働きの中で、受精卵が着床しなければ子宮内膜が剥がれ落ちて、生理が引き起こされるという身体の仕組みなのです。

2つの女性ホルモンのバランスが保たれていることで、それぞれの働きが一定期間に起こります。それが「生理周期」と呼ばれ、変動が無ければ「正常である」といえます。

女性ホルモンのバランスによって妊娠しやすい状況が作られている

私たち、女性は初潮を迎えた時点で本能的な身体の仕組みによって、エストロゲンの分泌で受精卵が着床しやすい子宮内環境がつくられます。

そして、その後のプロゲステロンの分泌によって、受精卵が着床した後の栄養補給が失敗なく行えるような子宮内環境になります。

こうして、妊娠と継続には2つの女性ホルモンが深く関わっていることが分かるのです。それは2つあるホルモンのどちらかに分泌のペースや量に変動があれば、それに合わせて排卵日や月経日がずれたり、子宮内膜の厚みの形成にも変化があらわれます。

しかし、女性ホルモンのバランスが整っていることで生理周期もほぼ一定に保たれているので妊娠しやすい子宮内環境が作られています。
さらには、生理周期から排卵日も読み取ることが出来るので、より妊娠しやすいタイミングも分かります。

アフターピルの避妊効果は多量のレボノルゲストレルが鍵

鍵を人差し指にかけている手
レボノルゲストレルが有効成分として含まれるアフターピルで、なぜ妊娠をしたと錯覚を起こすことができるのでしょうか。それには、この成分がほぼ同じ働きをするプロゲステロンの「妊娠の継続をスムーズにする働きを持っている」ことに関係しています。

実は排卵後に分泌されるホルモンで、いつ受精卵が着床しようと移動してきても良いように子宮内膜を柔らかくしたり、妊娠の継続がしやすいように体温を少し高める働きをします。

しかし、アフターピルに含まれているレボノルゲストレルは多量なので「排卵後に急増した」つまり「妊娠した」と脳が錯覚を起こすのです。

この働きはアフターピルの吸収が終わるまで続きます。吸収が終わると、プロゲステロンの分泌が終わったと認識されて、脳が「妊娠は無かった」という判断をします。すると、子宮内膜を剥がれ落とす働きが起こります。

アフターピルは多量のレボノルゲストレルによる、急激なプロゲステロンの分泌と停止の錯覚を起こすことで人工的に生理を引き起こすことが出来るのです。

ホルモンバランスを崩す働きで妊娠を防ぐアフターピル

2つの女性ホルモンバランスが保たれている状態に、レボノルゲストレルが有効成分のアフターピルの働きが起こることで、妊娠を防ぐ働きにつながります。
それは生理周期を乱すことにもなるので、体調不良を伴ったり服用後しばらくの間は不順を引き起こす可能性もあります。

その為、アフターピルを飲むことで身体に起こる副作用やその後の変化についてもよく理解した上で服用しなければ、余計に不安を抱えてしまうことになりかねません。

ただ、もしその前の性行為によって妊娠をしていた場合、胎児には無害ですが避妊には間に合っていないことになるのでアフターピルを服用したところで無意味です。アフターピルは中絶とは全く違う「避妊」の効果を持っている薬なので勘違いをしないようにしましょう。

副作用だけを感じて、辛い状況になる可能性もあるので事前に妊娠をしていない状況か、妊娠検査薬などで確認をするようにしましょう。

ホルモンバランスを乱すアフターピルは、私たちの身体に負担があることに変わりは無いので妊娠をしていないことを確認した上で、どうしても必要と感じた時に限り服用するようにしましょう。

≫≫関連記事≫≫アフターピルの効果って?

PAGE TOP