アフターピルの効果って?

アフターピルの効果とは
「飲むだけで避妊効果がある」アフターピルですが、避妊効果ってどういうことなのか気になって調べてみました。するとアフターピルが「強制的に生理を引き起こす」働きを持っていることが分かってきたんです。

これまで、低用量ピルを毎日飲むことで避妊が出来ることは広く知られていたようですが、アフターピルがあることやその働きをよく知らない女性は多いのではないでしょうか。
今、日本でのアフターピルの扱いは産婦人科などの医療機関からの処方のみ、許されています。しかし、最近は個人輸入代行通販という方法で簡単に買うこともできます。

「避妊に失敗した」という話を聞くことも少なくない今、セックスの後でも間に合うアフターピルとその効果を知って「中絶」という悲しくて、負担の大きいことをしないで済むようにしましょう。

後に飲むだけで良いアフターピル

後にアフターピルを飲むだけで避妊ができる
避妊には、排卵日を避けることやコンドームをすることもしくは避妊手術を受けることなどさまざまなことがあります。手術以外の避妊法は、成功率がそれほど高くありません。また、手術に関しては高額な費用がかかることや負担が大きいことなどがあります。

その反面アフターピルはセックスの後に飲むだけで、強制的に生理を引き起こしてくれるので手間や負担も手術ほど大きくありません。
低用量ピルはかなり高い確率で避妊ができますが、その為には毎日欠かさず飲むことでその効果が発揮されます。
もし、飲み忘れなどがあれば、その効果はかなり低くなってしまいます。

今、アフターピルはセックス後に1回の服用で済むノルレボ錠が主流となっているので飲み忘れの心配も無くなってきました。

2回の服用が必要なプラノバール錠

中用量ピルを緊急的に用いるので、2回の服用が必要。セックス後72時間が経つ前に1回目として2錠を飲む。そして、12時間後にさらに2錠を飲むことで避妊効果を発揮する。ヤッペ法とも言われる服用方法。

1回の服用で良いノルレボ錠

緊急避妊薬(アフターピル)としてできたノルレボ錠。セックス後72時間が経つ前に1錠を飲むことで、避妊効果を得られる。従来のヤッペ法の後、主流となった服用方法でノルレボ法と言われる。

≫≫関連記事≫≫プラノバールではなくノルレボがアフターピルとして選ばれる理由

服用時間で変わる避妊効果

服用時間で効果が変わるアフターピル
アフターピルは一般的に、72時間が経過する前に飲むことで効果を発揮すると言われていますが、服用する時間によって避妊効果も変わってきます。

現在、主に使われているノルレボの避妊効果を例に挙げると、セックス後12時間以内の服用で99.5%程度、24時間以内だと98.5%程度の避妊率があります。そして、48時間以内で97%程度、72時間以内に飲むことで95%程度という高い避妊効果を得られます。

◆服用時間別の避妊率◆

服用時間 避妊率
72時間以内 95%程度
12時間以内 99.5%程度
24時間以内 98.5%程度
48時間以内 97%程度

このことから分かるように早く飲むことができれば、その分妊娠のリスクを下げることが出来るのです。アフターピル服用の制限時間となる72時間は、受精から着床にかかる7日間という目安の時間からアフターピル服用後の生理を引き起こすまでにかかる約1~3日間を差し引いた時間です。

あくまで目安になるので、全てにおいて個人差があります。その為、何らかの理由でアフターピルの吸収が着床に間に合わなければ、避妊効果はあらわれなかったということになります。

黄体ホルモンと同じ働きをするアフターピルの有効成分

アフターピルの有効成分は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ働きをします。ノルレボ錠で言うと、レボノルゲストレルという成分が用いられていて、この成分が吸収されると体内で黄体ホルモンが分泌されていると錯覚を起こします。

プロゲステロンは排卵を終えると体内で分泌され始めて、子宮内膜の増殖を促す働きをします。それと同じ状態がアフターピルを飲むことで、作りだされるのです。
その為、排卵前であれば排卵抑制の働きもあります。また、子宮内膜の増殖を促す働きと聞くと、余計に妊娠しやすくなりそうですが、一気にプロゲステロンが体内に増えるのでその働きが早まるのです。

その結果、子宮内膜の成熟が早まることにつながり、受精卵が出来たとしても着床しようと移動している間に成熟は完了し、子宮内膜は剥がれ落ちやすくなるのです。

ホルモンバランスを崩すので、副作用もある

アフターピル服用後、体調不良になることもある
避妊効果を得る為に、急激に黄体ホルモンを体内に吸収することになるのでホルモンバランスを崩すことにもなります。女性は特に、ホルモンバランスが乱れると肌荒れを起こしやすくなったり、体調に変化が出てしまったりすることは知っているでしょう。アフターピルを飲むことで、それらは副作用としてあらわれやすくなります。

症状としては頭痛や下腹部痛、吐き気や嘔吐、不正出血などさまざまです。これらの異常を感じた場合、本来は薬の効き目が切れる1~2日程度で収まります。
しかし、アフターピルを飲むことで普段の体内のメカニズムではあり得ない、ホルモン量の吸収がされることになるので、体の機能が異物だと認識したり病気の発症もしくは悪化につながってしまう可能性もあります。

そのため持病等がある人は、アフターピルを服用する前に必ず医師の判断を仰ぐことを強くお勧めします。
そして、あまりに症状が強くあらわれたり、長く続く場合は無理に我慢したりせずに病院へ行きましょう。

≫≫関連記事≫≫アフターピルでの副作用

強制的に生理を起こし、避妊するアフターピル

ただ飲むだけで避妊効果が得られると言っても、種類によっては多少飲み方も違い、服用時間の早さによってもその効果は変わってきます。高い避妊効果を得る為には、自身が飲むアフターピルのことを知り、正しい方法で使用することが大切になってくるのです。

ただし、アフターピルの避妊効果は100%では無いので、頼りすぎるのもオススメはできません。なかには「アフターピルがあるから大丈夫」と過信して、コンドームを付ける等の他の避妊を全く行わなくなってしまう人もいるといいます。

それがもし、危険日できちんと72時間以内にアフターピルを飲んでも着床に間に合わなければ「のぞまない妊娠」に至ってしまう可能性もあります。
そんなことになってしまわない為にも、普段から避妊はしっかり行った上で失敗もしくは合意では無い行為、強姦などの避けきれない緊急事態の時だけアフターピルを用いた避妊法をとるようにしましょう。

≫≫関連記事≫≫アフターピルと低用量ピルを併用する

PAGE TOP