避妊のため、アフターピルを飲んでから妊娠検査薬で調べるまで

カレンダーとペン
彼と、して避妊に失敗。でもアフターピルを飲んだから大丈夫!そう思っていたのに、生理がまだ来ない、と不安を抱えたまま生理を待つ人も多くいるでしょう。

また、出血があったけど量が少なかったり、期間が短すぎて生理とは違う気がする、など避妊成功の消退出血でもなかったんじゃないかと思う人も。
そうなった時、妊娠検査薬で早く確認したい気持ちが出てくるはずです。

でも、今やって確かな結果が分かるのか不安、というもどかしい気持ちを持ってしまいます。
そうならないよう、避妊ができたかどうか確かな結果を知る為にアフターピルを飲んでから妊娠検査薬で調べるまでの流れを知っておきましょう。

妊娠検査薬ってどういう仕組み?

尿をかけて、少し待つだけで妊娠しているかどうかが確認できる、妊娠検査薬。その仕組みとは、尿に含まれるhCGホルモンを検知しているのです。このホルモンは受精卵が着床した時に作り出される胎盤の絨毛という組織から、量産されていきます。

このホルモンはヒト絨毛性性腺刺激ホルモンと呼ばれ、受精卵の着床する頃には分泌され始めます。胎盤から分泌されているホルモンなので、胎盤が子宮内から剥がれ落ちて体外に排出されるまでホルモンの分泌も継続されます。

妊娠2~3ヵ月頃にも多く分泌されているホルモンなので、生理不順であったり妊娠の症状が無くてお腹が大きくなる前でも、このホルモン値によって妊娠しているかどうかが分かるのです。

一般的な妊娠検査薬の使用時期

カレンダーと検査薬
市販されているほとんどの妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使えるとされています。この期間には検査薬が反応するhCGホルモン値が関係しています。

その数値とは、50mlu/ml以上で大体、妊娠4週目(最終月経初日~28日程度経った後)からは検査可能です。
しかし、あくまでも予定日なのでストレスや生活リズムの影響で排卵が遅れてしまったりするとズレが発生して、フライング検査になる可能性もあります。

もし妊娠している、つまり着床していれば個人差はありますが約5日で尿内のhCG値は50mlu/ml以上になります。
正しく使用できれば、約99%の確率で妊娠の判定が分かるのです。

早期妊娠検査薬

もっと早く結果を知りたい、という人は「早期妊娠検査薬」を知っておきましょう。この検査薬であれば、hCG値25mlu/mlで検知が可能です。その為、早ければ妊娠3週で反応します。

妊娠をしていれば、受精卵の着床から約3日で妊娠の判定が出ます。ただ、一般の妊娠検査薬同様に排卵日や着床日がずれていたりするとフライングしてしまう可能性もあります。そうなると、正しい妊娠判定が出ません。

検査時期が早かった?曖昧な検査結果と対処法

色とりどりな明かりがぼやけている
アフターピルを飲んだのに生理予定日が過ぎても、生理が来ないことで焦って妊娠検査薬をしてしまう人もいるでしょう。焦らずに、検査薬が使えるまで待つことと生理予定日の計算を間違えないように気を付けることが大切です。

フライング検査をしてしまった場合は、一般の妊娠検査薬を利用して改めて1週間後に同様に検査をすることで、より正しい妊娠判定が出ます。

妊娠検査薬の正しい見方は、確認窓で測定がきちんと出来ているか。そして、判定窓で妊娠判定を確認します。確認窓の線が薄い場合は、検査が上手く出来ていない可能性があるので注意しましょう。

判定窓で薄い線があらわれた時、確認窓でハッキリと線が出ていれば妊娠している可能性があります。薄い線が判定窓にあらわれることには、検査時期が早かったこと・hCG値が高すぎる・尿が薄かったなどが考えられます。

それは検査時期が早くて、hCGが50mlu/mlを超えていないことや水分の摂取が多くて尿が薄まって検査に必要なhCG濃度を得られないこと、逆に濃度が高すぎると正しく判定ができないなどの理由があります。

その為、妊娠検査前には水分を摂りすぎないことが、正しい妊娠判定ができる1つの対処法になります。

陽性反応が出たら早急に病院を受診すること

確認窓にハッキリとした線があらわれていない場合は、検査方法に誤りがある可能性もあるので改めて使い方を確認して、改めて検査をし直した方がより確実です。

そして、薄い線が判定窓にあらわれて陽性反応が出た時、確認窓の線がハッキリしている場合には妊娠もしくは子宮外妊娠などの可能性もあります。

≫≫関連記事≫≫避妊失敗!?アフターピルの効果を失う原因

もし妊娠をした時、中絶を考えている人は特に病院へ行くことが遅くなればなるほどに身体と心への負担は大きいものになっていきます。

そうならない為にも、緊急時にアフターピルで避妊をすることは大切なのですが100%の避妊率ではありません。普段であれば約5%以内、危険日であれば約15%は妊娠してしまう可能性があるのです。

アフターピル服用後には、出血の有無で避妊の成功が分かるとされていますが、着床出血や排卵出血などを引き起こした時など出血量にも個人差があるので、ハッキリとは分かりません。

その為、妊娠検査薬を使ってみて陽性反応が出た場合にはなるべく早く、病院を受診するようにしましょう。

PAGE TOP