避妊出来た、その後の生理周期はアフターピルの影響で変化する

望んでいない妊娠をしない為にアフターピルを飲んで避妊出来ても、その後の生活に影響することがあります。それは、生理不順です。強制的に生理が引き起こされて、避妊成功となることは知っているでしょうか。

本来のタイミングではない時、強制的に生理を起こすので生理周期がリセットされるのです。また、体内のホルモンバランスもすぐにリセットされる、という訳では無いので安定するまでに少し時間を要することがあります。

そうした、アフターピルが生理周期に与える影響を詳しくみていきましょう。

アフターピルは生理周期を乱れさせる働きを持つ

青い液体が水の中に広がる
女性ホルモンの1つであるプロゲステロンと同じ働きをする有効成分がアフターピルには含まれています。その成分が多量に体内へ吸収されることで、ホルモンバランスは大きく変わります。

個人差はありますが、生理周期というのは体内のホルモンバランスに応じて決まってくるものです。ホルモンバランスが整っていれば、その分きちんとした一定の周期で生理が起こります。

その生理周期を決めるホルモンと同じ働きをする成分が、体内での分泌という方法ではなく体外からの薬(アフターピル)による摂取で急激に増えます。こうしてホルモンバランスが大きく変わってしまうと、生理周期に乱れが生じるのです。

≫≫関連記事≫≫アフターピルがホルモンバランスを崩せるからこそ避妊に役立つ

生理って

女性の体内では月に1度卵子が排卵へ向けて、活動を始めます。卵子の成長にも卵胞刺激ホルモンと呼ばれるホルモンが関係しています。
そして、成長している卵子からエストロゲンが分泌されます。こうして、子宮内膜が徐々に厚くなっていきます。

エストロゲンの分泌がピークになると、排卵が起こります。そして、プロゲステロンの分泌が始まり、いつ受精卵が着床しても良いように子宮内膜を柔らかい状態に保とうと働きかけます。

しかし、卵子が精子と受精しなければエストロゲンとプロゲステロンの分泌は急激に減り、子宮内膜は剥がれ落ちます。それが、経血となって体外へ排出される「生理」なのです。

生理周期とホルモンバランス

カレンダーが散らばっている
生理が起こる仕組みから、排卵を境にエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が反比例するように逆転します。排卵前にはエストロゲンの分泌が、排卵後にはプロゲステロンの分泌が多い状態が続くのです。

それぞれの女性ホルモンの分泌期間は、約2週間あります。前回の生理から約2週間が経って排卵が起こり、受精を確認出来ないと約2週間かけてホルモンの分泌が減っていきます。

このことから、排卵までの卵胞期が14日間。そして排卵から生理(月経)までの黄体期が14日間という約28日間が一般的な生理周期とされています。
生理周期は人それぞれで25日程度の人もいれば、30日を少し超える人もいます。しかし、大きなホルモンバランスの変化がない限りは、その周期はあまり前後しません。

周期が乱れることで、生理が不安定になる

ただ、ストレスや生活習慣そして睡眠時間などの影響によってホルモンバランスに変化が起きるので生理周期が乱れやすくなります。

ホルモンの分泌量が増えれば、卵子の成長や子宮内膜の成熟も早まったり、分泌量が少なければ子宮内膜の成熟が遅れたりして、生理のタイミングが不安定になってしまうのです。

このように、ホルモンバランスが乱れると生理不順や無月経などが起こりやすくなります。

そして、ホルモンバランスの乱れは自律神経のバランスにまで影響を及ぼすこともあります。自律神経が乱れることで、めまいや頭痛などの身体的不調やイライラしやすくなったりするなど精神的不調があらわれることもあります。

アフターピルを飲んだ後、生理周期が安定するまで

水面に浮かぶスイレンの花
日常生活のストレスなどでもホルモンバランスに変化が起こるぐらいですから、アフターピルを飲んで故意にバランスを乱すことは、それだけ身体に負担もかかっているといえます。

そして、一度乱れたホルモンバランスは簡単に、元に戻れるわけではありません。アフターピルの吸収と吸収終了に合わせて、プロゲステロンの急激な分泌と減少があったことでしばらくは乱れた状態が続きます。

そして、徐々に自身の生理周期が安定していくのです。安定するまでにかかる期間も半年程度と長い人もいれば、2~3ヵ月程度で済む人がいます。
ただ、アフターピル服用後の消退出血が生理予定日周辺で起こった人に関しては、その後の生理周期にもそれほど影響が無い場合もあります。

避妊成功後に生理不順が起こった時の対処法

避妊をする為にアフターピルを飲んだことで起こった生理不順に対して、出来ることはあるのでしょうか。

それは、規則正しい生活リズムや食生活、しっかり睡眠時間をとることなどがあります。また、不順があまりに酷かったり、生理痛までの悪化してしまう等があれば、低用量ピルの服用でそれらの症状を軽減・改善できます。

こうしたアフターピルの副作用、そして身体への負担を知った上で服用するようにしましょう。

PAGE TOP