アフターピルの説明書

『避妊に失敗したってなったら、アフターピルが良い!って聞くけど良く分からない。』

『ただ飲むだけでいいの?』『何か注意することってある?』

『市販されていないみたいだけど、使うことに問題は無いの?』

考え込む女性

このように、アフターピルに対して不安を持つ人は少なくないと思います。実際に、日本では避妊=ピルという認識は低いです。

既に海外でアフターピルは当たり前に使われていて、市販もされています。日本とのこの差はなぜあるのでしょうか。そこには、アフターピルの効果や副作用、正しい情報の浸透率などが影響していたのです。

それでは、ここでアフターピルで避妊が出来るのは何故なのか、その働きや効果。そうすることで身体に起こる副作用などのその後の影響について詳しく知りましょう。

さらには間違いやすい薬との違いや、購入方法まで紹介します。アフターピルを知ることで、自身を守る知識と方法を身につけましょう。それでは、ここでアフターピルの人気ランキングを紹介していきます!

◆アフターピルの人気ランキング◆

1位:アイピル

アイピル

一般的に病院やクリニックなどで避妊薬として処方される、ノルレボとほぼ同じ成分と効果を持つアイピル。製造はシプラ社というインドで有名な製薬会社で、有効成分であるレボノルゲストレル1.5mgによって避妊効果を発揮します。
信頼感と高い避妊効果、そして安さを兼ね合わせたアフターピルであり、1回の服用が1錠で良いという飲み忘れる心配もない点から女性に人気があります。

アイピルを通販で購入する

2位:マドンナ

マドンナ

アイピルと同じ有効成分を含む、ノルレボのジェネリック医薬品です。ただ、レボノルゲストレルは0.75mgの含有量なので1回の避妊で2錠の服用が必要です。
飲み方も性行為から72時間以内に1錠、その12時間後に1錠を飲むという方法で、アイピルとは異なります。タイの製薬会社によって製造されていて高い品質と安全性から海外でも広く利用されています。

マドンナを通販で購入する

3位:ノルレボ

ノルレボ

現在の日本の医療機関でノルレボは緊急避妊薬の主流となっています。従来のプラノバールに比べて、副作用が少なく安全性が高いことでも知られています。
1度の避妊に対して2回の服用が必要だった避妊薬を1回の服用で済むように改良された、先発薬です。性行為から72時間以内の服用をすることで高い避妊効果を発揮します。
2011年より緊急避妊薬として発売されています。

ノルレボを通販で購入する

PAGE TOP